包茎手術は必要ない?包茎の種類を知っておこう

包茎の種類によっては包茎手術はしなくても良いと言われています。当サイトでは包茎に関する情報を公開しています。 - 包茎手術が必要かどうか判断しよう

包茎手術が必要かどうか判断しよう

日本人男性の3人に2人、およそ70%が包茎であると言われています。
現在コンプレックスを抱えていたり、お悩みの方もいるのではないでしょうか。
一般的には仮性と真性、そしてカントンの3つの種類があります。
このうち、もっとも多いのが仮性です。
普段はペニス全体が皮で覆われているますが、勃起時にはすべて剥けるため仮性とされています。
ほとんどの男性が悩んでいる種類のもので、手術を受けなければいけない、病気にかかりやすいといったイメージが強く印象づけられているのも特徴です。
zewyhehy

ですが、仮性に関しては全くの誤解と言ってもよく、皮を切除しなくても特に問題はありません。
仮性は勃起したときにすべてきれいに剥けますので、必ずしもオペが必要になるとは限らないのです。
当然ながら、清潔にしていないと雑菌が繁殖する可能性も捨て切れませんし、何らかの病気になってしまうことも考えられます。
逆に言えば、清潔にして適切なケアをおこなえばよい、ということです。
そのため、普段通りの生活を送れていたり、特に支障をきたすようなことがなければ、皮を切除しなくても良いでしょう。

オペが必要になるのは真性とカントンです。
真性は勃起時にも皮が剥けず、自分の手で剥くと痛みをともないます。
カントンは皮を無理矢理剥いたせいで元に戻らず、亀頭全体が紫色にうっ血して晴れ上がったような状態になっています。
これらについては皮を切除し適切なケアを受ける必要があります。
場合によっては早急に切除すべき状態や、担当医からアドバイスされることもあるでしょう。

しかし、全くオペをせずにそのまま放置してしまう方も少なくはありません。
どうしても人にバレたくない、誰にも見せたくない、という考え先行してしまうからです。
一人でずっと悩みを抱えてしまうことになるため、それがストレスとなって生活面に影響が出てくることもあるでしょう。
確かに人に言いたくないかもしれませんが、クリニックで現状と悩みを相談し、アドバイスを受けるようにしましょう。

真性とカントンを放置することは、自分自身に多大な悪影響を与えるおそれがあります。
仮性と違って自分でケアができないため、どうしても不衛生になりがちです。
雑菌が繁殖してペニスにかゆみをともなったり、病気になってしまう可能性もあります。
特にカントンはペニスが壊死してしまうことも少なくはありません。
真性とカントンの2種類についてはオペの必要性が高いため、必ず適切な処置を受けましょう。


新着情報

◆2015/01/23
包茎手術が必要かどうか判断しようの情報を更新しました。
◆2015/01/23
サイトマップの情報を更新しました。
◆2015/01/05
包茎手術までの流れについてを新規投稿しました。
◆2015/01/05
包茎手術のクリニック選びを新規投稿しました。
◆2015/01/05
包茎のせいで不衛生になることもを新規投稿しました。