包茎手術は必要ない?包茎の種類を知っておこう

包茎の種類によっては包茎手術はしなくても良いと言われています。当サイトでは包茎に関する情報を公開しています。 - 包茎と保険の関係

包茎と保険の関係

一般的に風邪などの病気にかかった場合、まず病院へ行って診察を受けたり、薬をもらって治すことに専念します。
ほとんどのケースで健康保険も適用されますので、患者が実際に支払うお金は2~3割程度の負担です。
現在包茎で悩んでいる方も、オペで皮を取り除いてしまおうと考えているのではないでしょうか。
しかし、残念ながらオペについては保険適用外となっています。
そのため、料金はすべて自己負担することなるため、少々高額になる可能性もあるのです。
2~3割の負担で済むと思ったら全額払うことになった、と病院へ行ってから気づく方も少なくありません。

診療にはいくつかの種類があります。
2~3割の自己負担で済ませることができる保険診療、自由診療、そして混合診療です。
すでに知っている方がいるかもしれませんが、自由診療は全額自己負担となっています。
自由診療の全額負担は制度でしっかりと決められているため、病院によって対応が変わる、といったこともありません。

オペについてはこの中の自由診療にあたるため、かかったお金は全額自分で負担することになっています。
そのため、最初にどれくらいお金がかかるのかしっかりと下調べしておく必要があります。
全て負担しなければいけない自由診療ですが、実際に窓口で払うことになる代金も病院ごとに異なります。
場合によっては数万円もの差が生まれることもあるのです。

何故そんなに差額が出てしまうか疑問に感じるかと思います。
その理由として挙げられるのが、自由診療は病院ごとに料金を決めることができるからです。
自由という言葉が意味するとおり、病気をどう治すか、そして処方する薬や料金など、細かな内容については病院側が好きに設定できます。
料金に関してはもちろん相場などもありますが、数万円の差が生じることも珍しくありません。
病院などを探すときは自分の予算と相談し、料金を重視するのか、それともほかの点を重視するかしっかり決めておきましょう。