包茎手術は必要ない?包茎の種類を知っておこう

包茎の種類によっては包茎手術はしなくても良いと言われています。当サイトでは包茎に関する情報を公開しています。 - 包茎手術までの流れについて

包茎手術までの流れについて

包茎手術は通院後、即座におこなうといったことはありません。
当日おこなうケースも珍しくありませんが、一般的にはいくつかの段階を経てから実施することになります。
いつ施術するかはそのときの状態・状況によって変わりますので、クリニックへ通院する前に確認しておくのが良いでしょう。
カントンなどの場合は当日に施術するケースもあります。

まず通院前に予約を入れる必要があります。
直接予約なしに通院できるところは限られており、最初に予約を入れておくのが一般的です。
自分の都合の良い日にちを選び、予約しておきましょう。
施術などに関する疑問があれば、このとき聞いておくこともできます。

予約を入れた当日になったら通院し、問診票を記入します。
クリニックは一般的な病院とほぼ同じですので、流れ自体は変わりません。
現在のペニスの状態や生活面での影響など、問診項目を記入していきます。
その後は担当医による診察が始まります。
問診票を見ながら現在の状態を把握し、適切なアドバイスをもらうことができます。
悩みなどもしっかり相談しておきましょう。
オペに対する不安も担当医へ打ち明け、解消しておくことが大切です。

診察が終わった後は、担当医が適切な施術の方法を提案してくれます。
このときかかる料金などを説明してもらえますので、聞き漏らさないようにしておきましょう。
予約が少ないときや、場合によっては当日そのままオペをすることもあります。
もし都合が付かない場合や、少し検討したいときは後日にあらためましょう。
スケジュールなどについて担当医と相談し、日程を調整します。

基本的に入院の必要はありません。
方法によっては抜糸などが必要なこともありますが、オペ当日はそのまま帰宅することができます。
何度か通院してアフターケアを受けることになりますが、最低でも数週間は経過観察が必要です。
担当医より事前にこれらについて説明がありますので、注意点を守るようにしましょう。