包茎手術は必要ない?包茎の種類を知っておこう

包茎の種類によっては包茎手術はしなくても良いと言われています。当サイトでは包茎に関する情報を公開しています。 - そもそも包茎とは

そもそも包茎とは

包茎と聞いてどんなことを思い浮かべるでしょうか。
人によってさまざまな捉え方があると思います。
一言で表すのがとても難しい症状でもあり、また男性が一人で悩みを抱えてしまうことが多い病気です。
そのため、一般的に言葉として知っていることがあったとしても、認知度はとても低いと言うことができるでしょう。
男性自身が間違った認識をしているケースも決して少なくはありません。
もし悩んでいるのなら、しっかりと正しい知識と理解が必要になります。

そもそも包茎とは、ペニスに皮が被った、または勃起したときに皮が剥けない状態のことを言います。
正常な状態であれば、ペニスは勃起した際に皮がきれいに剥け、被るようなことはありません。
しかし、皮が半分程度被ってしまったり、そもそも全く剥けないようなこともあるのです。
これらの状態によって呼び方も変わり、仮性・真性・カントンなどの3つが存在します。
ほかにもありますが、一般的になっているものはこの3つです。

仮性は普段ペニスが皮に包まれており、勃起時にはきれいに剥けるものを指します。
そのため仮性と呼ばれており、基本的に手術の必要などはありません。
皮が半分またはまったく剥けない状態は真性と呼ばれています。
この状態はとても不衛生になりがちで、感染症や病気にかかってしまうおそれがあります。
勃起時に痛みを発することもありますので、場合によってはすぐに皮を切除する必要があるでしょう。
しかし、真性も皮さえ取り除いてしまえば特に問題はありません。
その後は通常通りの生活を送ることができます。

もっとも怖いものはカントンです。
この状態は皮がペニスに被った状態になっており、勃起しても皮が剥けることはありません。
無理矢理自分で皮を剥こうとした結果、カントンになる方がいます。
カントンは早急に、皮の切除が必要になります。
最悪のケースでは、ペニス自体が壊死してしまうこともあるからです。
そのため、放置せずすぐに病院などへ行き、処置をする必要があります。